目次

アフターピルとしてノルレボを服用しよう

国内の産婦人科やレディースクリニックで、アフターピルを購入する場合、ノルレボ錠を処方されることになります。
ノルレボ上は国内で初めてアフターピルとして、国から認められたピルで有効成分はレボノルゲストレルです。

なぜ、ノルレボ錠を服用するだけで性交渉後も、避妊の効果が得られるのかというと、有効成分のレボノルゲストレルに秘密が隠されています。
レボノルゲストレルは女性ホルモンの、黄体ホルモンと同じ働きを持つ成分です。
服用することによって急激に、黄体ホルモンの血中濃度を上げることができます。
血中濃度が一気に変化することによって、排卵をストップすることができるのでノルレボ錠を服用すれば、高い確率で避妊の効果を得ることが可能です。

今現在、緊急避妊としてはノルレボ錠を活用するのが一般的です。
性交渉を行った約72時間以内に服用すれば望まない妊娠を避けられます。
ある臨床試験によると避妊できた確率は、約80%だったそうです。
性行為を行ってからできるだけ早めに服用すればするほど、避妊の効果はアップします。
そのため、できるだけ性交渉を行ってから早めにノルレボ錠を摂取するようにしましょう。

もし、排卵した後に服用したとしても、受精卵が子宮内膜に着床しにくい状態を作り出してくれるので、やはり妊娠を避けることができます。
女性にとって万が一の時には頼りになるアフターピルですが、急激に女性ホルモンのバランスが変わってしまうため、服用すると副作用が出やすいと言われています。

ノルレボ錠の場合は吐き気です。
できるだけ吐き気を抑えるには食後に服用することをおすすめします。
空腹時に摂取してしまうと吐き気が強く出てしまう恐れがあるためです。
食後であれば比較的、吐き気は感じないので安心です。

もし、服用後に嘔吐してしまった場合は、再度飲み直す必要があります。
ただし、服用してから3時間以上経っている場合は、有効成分が吸収された後なので飲み直す必要はありません。

ジェネリックはアイピル

医薬品には先発医薬品と後発医薬品、いわゆるジェネリック医薬品が存在しています。
アフターピルのノルレボ錠にも、ジェネリック医薬品があることをご存じでしょうか。
ノルレボ錠のジェネリック医薬品は様々な製薬メーカーが製造・販売していますが、その中でも特に有名なのが「アイピル」です。

アイピルにもノルレボ錠と同じ、レボノルゲストレルが有効成分として配合されています。
レボノルゲストレルの含有量もノルレボ錠と同じですので、同等の避妊効果を得られる薬です。
同じ有効成分・同じ含有量となっているので、アイピルもノルレボ錠と同じ服用法を行います。

性行為後72時間以内に、1錠分を服用するだけで緊急避妊効果を得ることが可能です。
有効成分も効果も同じのアイピルとノルレボ錠には、違いがあるのか気になる人もいるでしょう。
異なる点といえば価格です。
先発医薬品のノルレボ錠は開発費用がかかっているので、ジェネリック医薬品よりも高い費用となります。

さらに、日本国内のクリニックでノルレボ錠を処方してもらうとなると、健康保険が適用されず自由診療となります。
そのため、たった1錠購入するだけでも相場で1万円から2万円程度の費用がかかります。
一方、アイピルはまだ日本のクリニックでは処方されておらず、インターネット通販で海外から取り寄せて購入することになります。

ジェネリック医薬品だからというだけでなく、医師の処方箋なしでも購入できるということもあり、アイピルの費用はかなりリーズナブルです。
通販サイトによって価格は異なりますが、1錠の平均価格は1000円前後となっています。
少しでも医薬品にかかる費用を節約したいという場合には、ジェネリック医薬品のアイピルを選んでみるのも良いでしょう。