目次

マーベロンはニキビも防げる低用量ピル

スキンケアを見直して野菜多めの食生活にしたけれど、なかなかニキビが治らずに悩んでいるという女性も大勢います。
大人になってからニキビや肌荒れに悩まされるようになったという女性は、「マーベロン」でニキビ治療を受けてみてはいかがでしょう。

マーベロンは経口避妊薬の1つで日本国内のクリニックでは、ポピュラーに処方されているタイプです。
女性ホルモンの黄体ホルモンと同じ作用をする「デソゲストレル」と、卵胞ホルモンと同じ働きをする「エチニルエストラジオール」が主成分となっています。
服用することによって体内の女性ホルモンバランスを一定にキープできるのがマーベロンの効果です。

通常であれば避妊薬として服用するマーベロンですが、なぜニキビや肌荒れの解消に繋がるのでしょうか。
ニキビができる原因は様々ですが大人の女性の場合、女性ホルモンバランスが崩れることで起こるケースがあります。
実は女性の体内でも少量ながら男性ホルモンが作られています。
男性ホルモンは皮脂の分泌を増加させるホルモンです。

女性ホルモンのバランスが悪くなってしまうと、男性ホルモンが優位になり、その結果、皮脂分泌が増加します。
すると皮脂が毛穴を詰まらせてしまったり、皮膚にいるアクネ菌などの常在菌が増えるなどしてニキビが出来やすくなるようです。
女性ホルモンが原因で起こるニキビですので、スキンケアや食生活を見直すことでは改善できません。

マーベロンであれば服用すると女性ホルモンのバランスを整えることができるので、ホルモンバランスの乱れによるニキビや肌荒れを解消できます。
ただ経口避妊薬を使ってニキビを治療するのに不安を感じる人もいるでしょう。
特に薬ですので副作用が出ないかという点は気になるところです。

マーベロンはホルモン製剤の含有量をかなり抑えた、低用量ピルに入ります。
低用量ピルは副作用が出にくいので安心してニキビ治療にマーベロンを活用してみましょう。

ノベロンはマーベロンのジェネリック

経口避妊薬としてはもちろん、ニキビ治療などにも使用されるマーベロンにジェネリックがあることをご存じでしょうか。
マーベロンのジェネリックとして有名なのが「ノベロン」です。
ノベロンもマーベロン同様、デソゲストレルとエチニルエストラジオールを主成分としています。

マーベロンと同じ主成分が同じ量配合してある薬ですので、同等の効果を得ることが可能です。
またジェネリック医薬品は先発医薬品のように、莫大な開発費用がかかっていません。
そのため低価格で販売されているケースがほとんどです。
ノベロンもマーベロンと比較すると、かなりリーズナブルな価格で購入することができます。
少しでも薬に支払う費用を節約したいのであれば、同じ効果を発揮するノベロンを選ぶのも良いでしょう。

ただ、マーベロンとノベロンは服用する方法に多少の違いがあります。
利用する時はその違いを把握しておくことが大切です。
マーベロンの場合は21錠服用するタイプと、28錠服用するタイプの2種類があります。
ノベロンには21錠服用を続けるタイプしかありません。

21錠タイプの場合は21日間、薬を服用し続けて7日間は休薬といって薬を飲まない日を設けます。
マーベロンにある28錠タイプは21日分にはしっかりホルモン製剤が含まれていますが、残りの7錠は偽薬といって有効成分は含まれていません。
マーベロンとノベロンにはこのような違いがあります。

ノベロンを選んだ場合は7日間休薬を行ったのち、また新たに服用を開始する必要があるので、この点を忘れずに活用するようにしましょう。
ノベロンもマーベロンと同じ低用量ピルですので、身体への負担も少なく副作用は起こり難いと言われています。