目次

低用量ピルがお手軽に入手できる個人輸入代行サイト

低用量ピルを入手するためには、産婦人科で医師に処方してもらうのが最も定番です。
とは言え、低用量ピルは欧米先進国に比べると日本ではまだあまり普及しているものではありません。
医療機関で処方されるケースもそれほど多くありませんから、心理的に恥ずかしさが伴うかもしれません。
そこで、個人輸入代行というサービスを利用することを検討してみてください。

個人輸入代行を使うと、通販感覚で低用量ピルを簡単に入手できますから、医療機関で感じるような恥ずかしさとは無縁です。
低用量ピルの種類も豊富で、手頃な価格で入手できます。
例えば、あんしん通販薬局や医薬品@通販という代行業者では、最大1年分の低用量ピルをまとめ買いできます。
大幅なコストダウンにもつながりますので、お財布にも優しいと言えます。
もちろんまとめ買いだと品質が心配ということであれば、1ヶ月分を毎月購入することもできます。

このように個人輸入代行サービスは非常に便利ですが、業者の中には信頼に値しないところがあるのも事実です。
したがって、利用するにあたっては安全な業者を選ばなくてはなりません。
インターネット上の口コミを調査することも大切と言えるでしょう。
以下には、評判の良い業者を3つピックアップします。

あんしん通販薬局は2012年に誕生した輸入代行サービスです。
海外で流通するジェネリック医薬品などを正規のルートで輸入し、成分鑑定もしっかり行っています。
文字通り、安心安全な医薬品を格安で入手できると評価を高めている業者です。

ネット総合病院も近年高い評価を得ている業者です。
7,000円以上の購入で配送料が無料になり、低用量ピルを購入したと悟られないように配慮した梱包が行われます。
ネットからの注文だけでなく、電話での注文にも対応しているのも特徴です。

最後に紹介する医薬品@通販は、業界最安値クラスで正規品の低用量ピルを入手できる代行業者です。
ネット総合病院と同様に、配送への配慮や電話注文にも対応しています。

以上の3つの業者は、インターネット上でも評判が良いところです。
いずれも簡単に低用量ピルを入手でき、販売サイトの商品説明も丁寧です。
購入やクチコミ投稿などでポイントがもらえるところも魅力と言えます。
低用量ピルを服用したい女性にとって、大きな味方となってくれるでしょう。

偽物の医薬品を見破る方法とは

輸入代行サービスを利用するためには、業者を選ぶことも大切ですが、薬が本物であるかどうかを調べることも必要となります。
当然のことながら、偽物の薬には有効成分が含まれていなかったり、含有量が足りなかったりするものが多いです。
低用量ピルは避妊のために服用するものですから、偽物を購入してしまうとその目的を果たせなくなってしまいます。
そこで、代行業者を利用するためには偽物の薬を見破るための予備知識を得ておく必要があります。

偽物の医薬品を見破る方法の1つに、薬の生産地や価格から割り出す方法が挙げられます。
医薬品の規制レベルは国によって違いがあり、先進国では厳しく発展途上国では緩やかな傾向があります。
したがって、先進国で作られた医薬品は安全ということになります。

その反面、アジアの発展途上国やアフリカ、南アフリカなどが産地である場合には警戒しなければなりません。
価格についても偽物は異常に安い傾向があります。
複数の業者のサイトで料金を比較することも大切になるでしょう。

業者の信頼性もまた重要です。
インターネットの評判も大切ですが、実際に業者のホームページを細かく閲覧しましょう。
相談窓口を設置しているところやメーカー正規品を取り扱っていることを保証している業者は安全です。
利用者の口コミ情報がしっかり掲載されているところも安心できます。

最も確実な方法は正規品と比較することです。
例えば、一度は医療機関で正しく処方してもらう方法があります。医療機関では本物の低用量ピルが処方されます。
そして、輸入代行で購入した医薬品と処方してもらったものを比較するのです。

パッケージや薬の見た目をチェックすると判断がつくことでしょう。
医療機関への訪問が困難な場合は、インターネットを活用しましょう。
インターネット上には偽物の薬が画像入りで紹介されていることもあります。