目次

更年期障害の治療にはクリマラ

女性に必ずと言っていいほど訪れるのが閉経後の更年期障害ですが、これは体内の女性ホルモンである「エストロゲン」が減少することによって起こる症状です。
様々な症状が起こる更年期障害ですが、「クリマラ」という体に貼るパッチタイプのホルモン補充剤で更年期障害の症状を緩和することができます。

クリマラは体に貼るだけのホルモン補充剤なので、飲み薬などと違い処方を忘れる心配がないというメリットがあり、肌に貼るだけで有効成分であるエストラジオールを吸収しホルモンの補填効果が得られます。
パッチタイプは肌から吸収するため経口摂取の錠剤に比べてゆっくりと成分を吸収してくれるという利点もあります。
ゆっくりと成分を吸収することで体内のエストロゲンの急激な上昇を防ぎ、肝臓に負担がかかりにくく副作用も少ないので効果も1週間と長く、1度貼ったら交換の必要がないのもクリマラの特徴です。

メリットが多くあるクリマラも使用上の用法・用量を守らなくては効果が薄らいでしまいます。
クリマラを貼るときに注意すべき点はいくつかあります。
「臀部や下腹部に1枚だけ貼る」や「1週間経ったら必ず交換する」などがあるので、効果を最大限発揮するためにも処方された時の説明をよく聞き、説明書をよく読み返すことが大切です。

そのほかにも滅多にないですが、クリマラを使用して副作用が起こることがあります。
クリマラの副作用は不正出血・乳房の張りや痛み・吐き気や嘔吐・頭痛・めまい・動悸などがありますが、どの症状も比較的軽度なので心配することはないです。

しかし副作用の中には血栓症という厄介なものも起こり、万が一発症してしまうと血の塊が血管を塞いでしまいます。
また手のしびれや意識の混濁、視力の低下による視界不良などの重度の症状を引き起こす可能性もあります。
これらの症状は日常生活に支障を来してしまうので、使用中に少しでも体調が優れないと感じた場合は処方してもらった病院や最寄りの病院の医師に相談してください。

更年期の症状を確認してみよう

40代半ばごろから卵巣の機能低下の影響でエストロゲンの量が低下し更年期障害を引き起こします。
これは一言に更年期障害と言っても様々な症状があります。
更年期障害には個人差がありストレスや生活習慣の乱れなども原因と言われています。
しかし、ストレスとホルモンとのはっきりとした因果関係は分からず、更年期障害の症状が出ないまま閉経期を迎える人もいます。
では具体的に更年期障害というのはどのようなものなのでしょうか。

まず、精神的な症状には、エストロゲンは生殖ホルモンとしての働き以外にも、体のいろいろな機能を調整する作用があるのでエストロゲンが不足すると精神的にも変化が起こります。
代表的な症状としては物忘れや鬱、精神不安などが起こり気分の浮き沈みが激しくなります。
精神状態が不安定になるため些細なことでストレスを感じてしまい、イライラや不眠といった症状を引き起こしやすくなります。
イライラなどの症状が現れた場合は精神科などで診療してもらうことも大切です。

また、肉体的な症状では骨量の減少による骨粗鬆症が代表的です。
つまずいたりあまり高くない高さの階段などからの転倒などでも骨にヒビが入ったり、最悪の場合は骨折してしまいます。
そのほかにも多汗症やめまい・ふらつき・倦怠感・むくみ・抜け毛・冷え性・のぼせなども起こる場合があります。
実際にこのような肉体的な症状でストレスがたまってしまい精神的な症状にさらに追い討ちをかけることも少なくないです。

また、ホルモンの低下により運動機能も低下したり異常が起こったりして、肩こりがひどくなったり手足のしびれなどを引き起こしたりします。
場合によっては体全体に蕁麻疹ができたりかゆみなどに悩まされる場合もあるのでそのような症状が現れた時は更年期障害である可能性が高いです。

おすすめ記事